プロポデンタルEX

玄米菜食で、歯周の炎症状態が改善した研究資料

 

2014年10月滋賀医科大学とサンスター株式会社の研究で、玄米と大豆、野菜を中心とした献立「玄米菜食」が歯周病予防に効果があることが明らかにされました(『日本農業新聞』掲載)。

 

今回の研究についてサンスター株式会社は「今回の研究では、全身が炎症を引き起こしやすい状態にあったことを改善したことにより、局所の歯周状態(炎症状態)も改善したと考えられる」と述べています。

 

研究対象者は、肥満や糖尿病予備軍で歯周病になる恐れのある35〜60歳の男女17人。玄米菜食を1日3食8週間食べ、その後フォローアップ期間(食事の効果を確認するために)24週間は普段通りの食事をしました。

 

その結果、調査前の歯周ポケットの深さは平均2.28mmでしたが、玄米菜食後は2.21mm、フォローアップ期間後は2.13mmと浅くなりました。

 

これまでにも加齢や糖尿病、喫煙習慣が歯周病と関係があることは知られていましたが、予防に役立つ食べ物や献立についてはあまり研究されていませんでしたので、たいへん興味深い研究だと思います。

 

 

 

 

プロポデンタルEXの詳しい情報はこちら