歯弱体質

歯弱体質の人は噛みあわせの悪さから体のゆがみも招いている 

歯弱体質の人が注意しなければいけないのは歯周病だけではありません。
実は、歯弱体質の人は体のゆがみも生じやすいのです。なぜかというと、歯周病や歯の病気になるとかみ合わせが悪くなります。
これが影響して、肩こり、首の痛み、腰痛などに発展してしまうでしょう。
最初は口内の血流が悪化するだけですが、どんどん体全体に影響を及ぼして血圧異常や体全体の血流悪化を招いてしまいます。

 

なぜかみ合わせが悪くなるのかというと、歯弱体質だとかむ力が弱くなり、食事をして噛むときに歯の汚れが落ちることが少なくなってしまうのです。
このせいで虫歯になるといわれています。

 

他にも、噛む力が弱まるせいで歯に負担がかかり歯周病やその他歯の疾患になってしまうのではないでしょうか。
酷い場合や頭痛やその他の疾患が起こる可能性もある程です。

 

かみ合わせが悪化した場合は病院で治療をするしか改善方法がありません。
体のゆがみにまで発展しないように、歯弱体質の人は歯弱体質を治し、かみ合わせも改善するようにしましょう。
知らないうちに全身の疾患を招くことになります。

 

 

 

 

 

 

 

プロポデンタルEXの詳しい情報はこちら