歯弱体質

歯周病の治りにくい歯弱体質が現代人に急増!

歯弱体質って知っていますか。歯や歯茎等口内が弱っている人のことをいいます。
歯弱体質の人は、貧血、低血圧、高血圧、動脈硬化の人などが陥りやすい症状です。

 

たとえば低血圧の人や貧血気味の人は血流が悪化しやすい体質を持っているでしょう。
歯茎の血行は口内を健康に保つうえでとても大切なことで、歯茎にも歯にも栄養がいきわたりにくくなってしまいます。
そのため、細菌が繁殖しやすくなり歯周病になる確率が高くなってしまうでしょう。

 

最近は貧血や低血圧の女性が増えているといわれています。
これは無理なダイエットをするせいで栄養不足に陥るから起こる現象なのではないでしょうか。
ダイエットをしたせいで貧血になり、そこから歯周病になってしまう場合があるのです。

 

高血圧や動脈硬化の人は、逆に血液がドロドロになってしまうせいで血行不良になり歯周病になりやすくなります
これも、近代の食の欧米化や運動不足が原因で起こりやすい病気で、現代人に増えているそうです。
そのため、現代人は歯弱体質から歯周病に発展する人がとても多いといわれているのです。

 

 

 

 

 

 

プロポデンタルEXの詳しい情報はこちら