プロポデンタルEX

歯周病菌は感染する!歯周病の感染経路とは

歯周病菌は感染するのでしょうか。
歯周病の感染経路は気になるところですが、実はほとんどの菌は外来から感染を起こすのです

 

歯周病菌はどこから感染するかというと、成人型の歯周病菌の代表的な菌は、ジンジバリス菌になります。
これは長期間にわたり、親子や夫婦から感染すると言われています。

 

歯周病菌は、垂直感染、水平感染共に起きる可能性があります。
つまり、食器などを介して感染する可能性があるのです。

 

個人の抵抗力や感受性も関係してきますが、十分にあり得ます。
ただ、感染経路については不明なところが多く、今のところ、人から人への感染の対策は取りようがないと言われています。

 

若年性歯周病の原因菌とされているアクチノマイセテムコミタンス菌については、大人から大人へ感染することはないといわれています。
しかし、10歳程度の時期に大人から子供へ感染することが報告されています。
子供の口腔内はまだ細菌グループが安定していないからで、健康な細菌のグループが定着していないと外来から感染を起こしやすいのです。

 

外来から感染したとしても、歯周病が進行しないような口腔内環境を保てば、防ぐことは可能なので、普段からしっかりブラッシングすることです。
歯周ポケット内に感染しない環境を作ることこそが大切なのです。

 

 

 

 

プロポデンタルEXの詳しい情報はこちら