「プロポデンタルEX」は日本初のプロポリス配合薬用ハミガキ

プロポデンタルEXは日本初のプロポリス配合薬用ハミガキです

プロポリス健康増進会の代表取締役山本倫大が、20数年前アメリカで初めてプロポリス入りハミガキを見つけました。使ってみたところ、従来のハミガキとは全然違う使用感で、口の中がすっきりして、清涼感たっぷりの使い心地でした。

 

当時日本ではプロポリス配合ハミガキは販売されておらず、アメリカからプロポリスハミガキを輸入しようとましたが、配合成分に厚生省の許可対象外の原料が使われていたため輸入を諦めざるをえませんでした。

 

そこで自社で開発しようとプロジェクトを立ち上げ、海外のプロポリス配合ハミガキを約30社程研究し、もっと優れた歯周病ハミガキを作る計画を立てました。そして国内大手で高い技術力を持つハミガキメーカーと、著名な数名の臨床歯科医師と連携し、三者一体となり開発をすすめてきました。

 

納得できるハミガキを作るために研究機関は試行錯誤をくり返し、プロポデンタルEXの試作回数は300回を超えて、当初の予想を超える臨床結果が得られました。

 

しかし、当時の厚生省では、プロポリスに関する認知度は低かったため、プロポリス配合ハミガキの許可を得る為に必要とされる治験データ及び資料を作成するための費用と時間は膨大なものでした。丸4年もの歳月を経て平成7年にようやく医薬部外品の製造承認を取得ができたのです。

 

 

 

 

 

 

プロポデンタルEXの詳しい情報はこちら