プロポデンタルEX

歯周病とタバコの関係とは?

 

歯周病とタバコの関係は、非常に深いつながりがあります。
タバコは、健康への影響が強く、歯周病とも関係しています。

 

タバコは健康にとって有害であることは、周知の事実です。
糖尿病、高血圧症、動脈硬化などの生活習慣病は、タバコが大きく影響しています。

 

歯は、歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨から成る歯周組織に支えられていて、その歯周組織に起こる疾患が歯周病になります。
症状は、歯肉炎、歯周炎、咬合性外傷などになりますが、歯肉炎や歯周炎は、口の中に棲んでいる細菌である歯周病菌による感染症が原因とされています。

 

タバコは、生活習慣病の一種で、腔内に病原菌を繁殖させます
毛細血管の微小循環を悪化させるので、結果的に、歯周病へとつながります。

 

タバコと歯周病との直接的な関係は、ビタミンCの破壊であり、そのことがコラーゲン線維の生成の低下につながるからです。
タバコを吸うと免疫力が低下するので、歯周病などの病気にどうしてもかかりやすくなります。

 

タバコの煙には、発がん性があり、特に発癌性の強いタールは、歯や歯石の表面に黒く沈着します。
歯科医師の中には、喫煙者の歯周病の治療は無駄であると言う人がいるくらいで、失う歯の数は、タバコを吸わない人に比べて約3倍あるという報告があります。

 

 

 

 

プロポデンタルEXの詳しい情報はこちら