歯医者 定期健診

2,3ヶ月に1回、最低でも半年に1度は歯医者で定期健診を受けましょう

歯医者は、2,3ヶ月に1回通うとよく、最低でも半年に1度は歯医者で定期健診を受けるべきです。
自分の歯はいつまでもキレイに保ち続けたいものなので、歯医者の定期健診は大事です。虫歯になるたびに歯医者に行くと、お金は余計にかかることになります。

 

そこでおすすめなのが、虫歯を未然に防ぐことができる定期健診です。
定期健診は歯科医も推奨していて、自宅でセルフケアをしながら定期的に受診すると、健康的な歯を保ち続けることができます。
セルフケアだけではキレイな歯は保てないので、定期健診は必須です。
定期健診では、虫歯や歯周病の確認、歯のクリーニング、ブラッシング指導、詰め物の不具合、粘膜に異常がないかどうかなどをチェックします。

 

定期検診では主に虫歯と歯周病の確認をし、虫歯になりそうな状態になっていないか、歯周病の恐れがないかなどを厳しくチェックします。
定期健診の頻度は、できれば2,3ヶ月に1回が良いのですが、社会人になると仕事の忙しさからなかなかそこまでマメには定期健診には通えません。
多くの歯科医師は3ヶ月〜半年に1回の定期健診を薦めているので、最低でも半年に1度は歯医者で定期健診を受けましょう。

 

 

 

 

 

 

プロポデンタルEXの詳しい情報はこちら