プロポデンタルEX

糖尿病と歯周病の関係は?

 

糖尿病と歯周病の関係は密接です。
歯周病は、生活習慣病と深く関係していて、中でも歯周病に最も関わりがあるのが糖尿病なのです。
歯周病と診断されたのをきっかけに糖尿病が見つかることも少なくなく、糖尿病と診断されたのをきっかけに歯周病が見つかることも珍しくありません。

 

糖尿病と歯周病が深く関係しているのは、糖尿病になると身体の抵抗力が下がるからです。
抵抗力が下がると細菌に感染しやすくなり、歯周組織が歯周病菌に侵されやすい状態になります。

 

糖尿病になると歯周病になりやすくなるだけでなく、歯周病が治りにくくなると言われています。
糖尿病になると唾液の分泌量が減少するので、口の中の細菌を洗い流す力が弱くなります。

 

また、糖尿病になると白血球の機能が低下するので、細菌の数が増えます。
糖尿病の人は、しっかり治療していかないと、歯周病を完治させにくいと言われています。
つまり、病気を治さない限り、いくら歯周病の治療をしても治りづらいということです。
歯周病の人、糖尿病などの疾患がないかをまずしっかり検査してもらう必要があります。

 

 

 

 

プロポデンタルEXの詳しい情報はこちら